つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説
つみたてNISAは投資によって生まれた利益にかかる税金が0パーセントになる制度です。
TOP PAGE > NISA変更というと今契約しているNI

NISA変更というと今契約しているNI

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回変更できるようになりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことはよく言われていますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株を例にとってみると、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、ネット証券がおすすめです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクな債券も対象外です。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAが始められるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説 All rights reserved.