つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説
つみたてNISAは投資によって生まれた利益にかかる税金が0パーセントになる制度です。
TOP PAGE > NISA運用で5年後どうするかは大きな問題で

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題で

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

このほかに一般的な証券口座などで引き続き運用することも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本で始まったのは2014年で、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

より詳しく見ていくと日本に住む20歳以上の人という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

NISAの期間は最長5年までで、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資に回す予算をあまり取れないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社などによって手順は変わってくると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株を例にとってみると、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がないと参加は難しいですし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託です。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説 All rights reserved.