つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説
つみたてNISAは投資によって生まれた利益にかかる税金が0パーセントになる制度です。
TOP PAGE > NISAの失敗にはどのようなものがあるか気にな

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気にな

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAについて詳しく説明してくれますから、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円迄ですからかなり違いがあると言えますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で購入した金融商品が引き継ぎ時に25万円になっていた場合、口座へ引き継ぐ際には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、割と低リスクとされる債券も対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、あまり関係がないことなのかもしれません。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説 All rights reserved.