つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説
つみたてNISAは投資によって生まれた利益にかかる税金が0パーセントになる制度です。
TOP PAGE > NISAを銀行でやろうと考えている方はい

NISAを銀行でやろうと考えている方はい

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

ゆうちょや銀行などは、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、出費が少なくなるというメリットですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAの制度が終わっても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったという扱いになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターンの金融商品となります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、ネット証券がおすすめです。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がノーロードであること、長期分散投資に適している公募投資信託であることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAが始められるのは2023年までです。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却もしくは、課税対象の普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

最長で5年間という制限があり、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 つみたてNISAとは?メリットとデメリットを解説 All rights reserved.